ほうれい線ができる原因と消す方法

人の見た目を左右する老け顔原因トップに挙げられるのがほうれい線といわれています。一般には加齢によって目立ってくると考えられていますが、最近では偏った食生活やストレスから20代でできてしまう人は少なくありません。実は、人の見た目を左右する老け顔原因No.1に挙げられるのがほうれい線といわれており、これが原因で20代なのに30代、40代なのに50代と実年齢より上に見られてしまうようです。
ほうれい線ができる最大の原因は、表情筋と呼ばれる筋肉が衰えて引き起こされる頬のたるみです。


また、血行が悪くコリやむくみが起こることも大きく影響しており、放置すると筋肉が強ばってほうれい線を消すことが難しくなります。



普段食事の際にしっかり噛まない人、疲れやストレスから最近表情が乏しくなったと感じる人は要注意です。予防と対策で一番大切なのは、口のまわりの筋肉を鍛えることで血行を促進することです。
筋肉をほぐし新陳代謝を活発化させることでできにくい肌へと導き、表情筋を鍛えることで表情が豊かになり自然と若々しい印象になります。

ほうれい線を消すのに効果的とされる方法は顔のマッサージと筋トレ、美容整形です。できてしまったものを苦労して消すよりも、可能ならできる前に予防したいもの。



マッサージや口の中で舌を動かす表情筋体操は自宅で簡単に行うことができ、毎日続けることで大幅な改善に期待できます。



効果的とされる成分を配合した化粧品や美顔器なども合わせて利用して効率良く予防対策を行いましょう。