コピー機のレンタルはリース契約よりもお得になる事も

###Site Name###

コピー機はコピー枚数が多い場合と少ない場合とでは保守契約の選び方によりコストが高く付いてしまう事が有ります。利用頻度が高い場合の保守契約と利用頻度が少ない場合の保守契約をそれぞれ比較をしておかないと、月々の支払いも多くなり損をしてしまう事になるので注意が必要です。



尚、この保守契約と言うのはコピー機をリースで導入したり、中古品や新品を購入した場合の話であり、レンタルの場合はまた違ってきます。



一般的に会社のオフィス内でコピー機を導入する場合は、レンタルを利用するケースは少ないものです。
但し、導入費用が無い会社などの場合は、リース契約の審査が通らずにレンタルを利用するケースも有ります。例えば、会社を設立したばかりの場合などでは信用度が少ない事からもリースの審査に通らないケースが多いと言います。

この様なケースでは業務でコピーが利用出来なくなるため、レンタルを利用する事でコピー業務が可能になるわけです。



また、会社の外で利用をする場面などでも、コピー機をその都度運び出すのは工数がかかりますし、故障の原因にもなります。

会社の中でコピーがとれなくなるため、専用の機械を導入する必要も出て来るわけです。

専用の機械を導入してもたまにしか利用しないものであればリース契約などをしても無駄になることが多くなる事からも、リースではなくレンタル品を利用する会社が増えており、月額料金を支払い、利用したい時だけ使えると言うメリットが有ります。